PC覚え書
 N0.66
               

    
平成 29年5月~ 月


6月25日(日)

京都もやっと梅雨が本格的になってきた。もっとも、沖縄は梅雨明け宣言がでたのだけどね。ともあれ、この梅雨のじめじめした天気、なんとも言えず日本的な雰囲気で、いいね。砂漠の地にいた時、前の日まで内陸部に仕事で入っていて、翌日ソナトラック(石油公団)のチャーター機でアルジェに戻り、次の日にパリに出て、そのまま東京行きの便に乗ったりしたことがあった。

京都に戻って、窓の外に雨がしとしと降る風情を眺めながら、「日本はいいなぁ~」と思っていた。ずっと日本にいると雨の景色の良さを感じることも少なくなるよね。時々、当時のことを想い出して、梅雨景色を有難いことなんだんだよねと思いを新たにしている。

韓国、大統領が変わって、その親北親中、反日反米の立場が韓国自体を身動き出来ない事態に追い込んでいるようだ。自らの思想と政権担当者になった時点での実際の政策とは、変わっていて当然なんだけどね。それでも、原則的な部分というか、どうしても譲れない処ががるわけだ。

北、中国、日本、米国と並べると、一番融通が効きそうというか、なんとかなりそうなのが日本ということで、さっそく「慰安婦合意」を見直しなどと言っている。これも結局は日本が悪いというか、いままで日本がそうさせてきたんだよね。いつの間にか、日本に対してはゴネれば何とかなるというのが韓国人の常識となってしまったわけだ。

 


6月18日(日)

昨日、大津で玄関の左右にある小さな銀杏の木、その左の方の葉陰に小鳥が巣を作っているのを発見した。覗き込むと雛が二羽口を開けていた。巣も小さいし、雛も小さい。それに鳴かないんだね。普通、親鳥から餌を求めてうるさく喚いているのが、あるべき姿に思えるのだが、不思議ナリ。

今月になって、師匠の指揮に従って庭の草木の刈り込みをやっているのだが、四囲のうち最後に残った表に出てきて、銀杏の木があちこち新芽を伸ばしているのを見かね、小枝の切り捨てを指示されたもの。向こうはか弱い女性なので、実際の刈り取りはこちらがやることになる。

葉っぱをかき分けると、10㎝四方もないかな、5~6㎝?深さもそれくらいの小鳥の巣が見つかった。中を覗くと雛までいるから、びっくり。指揮者に雛を見せて、即刈り込み中止。以前、裏の川沿いの木に巣を作っていた鳥がいたが、通りに面した玄関の直ぐ脇の木に巣を作るなんて、どうなってるんだと言いたい処。

ただ、想い起こすと去年の秋に、銀杏の葉を落としていた時に、右の木に使い終わった同じ形の巣があったんだよね。その時は蜂の巣かなと思っていたが、同じ鳥がここで雛を返していたんだ。今年、春になって巣作りを始める時、同じ場所に帰ってきたということなのかな。先ずは無事に雛が育って欲しいところ。

今日、大津に行って、帰りに玄関の鍵を閉める時、目を銀杏に向けると親鳥が巣に入っていて、小生と目が合ってしまった。直ぐに飛んで行ったけどね。ホントにちいさな小鳥。名は何というのか。色々楽しみが増えたことは確かなり。

 


6月11日(日)

渡部昇一が亡くなったのが4月17日。雑誌などで、追悼記事が最近になって多々出てきている。自分もここに何か書いていたかなと見直してみたが、何もなし。なんでだろう。彼の著作はかなり読んでいたんだよね。それもかなり若い頃から、しかも図書館本ではなく買って読んでいた本が多い。よほど相性が良かったんだろうね。

雑誌で彼の晩年の文章を読んでいると、時々事実誤認があったりすることがあったな。もっとも、これは編集者がきちんと訂正しておかないとダメなんだけどね。相手が云わば御大だからね、チェック機能がうまく働かなかったのだろう。ちょっと残念。

彼が上智という私立大学から出てきたというのが、また良いよね。日本の教育界というか社会の懐の深さを表すものでもある。もっとも、それを言い出すと司馬遼だって、高等学校(旧制)の受験に失敗して、一応官立ではあるが大阪外国語学校の出だからね。言ってみれば、昔の日本には科挙の試験に失敗しても、花咲く道は幾筋も残されていたということ。

彼は専門は英語学なのだが、日本史のみならず比較文化論、またその時代の社会的な事件や政治案件に関する評論活動なども多い。若い頃に書かれた著作は、その時代のいわゆる常識的な見方からちょっと外れた切り口で書かれているのが新鮮だったし、教えられることも多かった。合掌。







 


6月4日(日)

早や6月。月が変わると、何時もの事ながら時の流れの速さを実感することになる。だって、2017年が明けたのはついこの間のことなんだよね。それがいつの間にやら、月末には一年の折り返しとなる月に入ってしまっている。小生ならずとも、時の流れの余りの速さに着いていけないと思っている人は多いのではないか。

ところで最近の気温の変化もおかしいと言うか、面白いね。最高気温が30℃越えの日が続いたと思いきや、20~23℃の日が二三日続く。このインターバルがここしばらく繰り返されている。れっきとした夏や冬だと、多少の変化はあれど、最高気温が10℃も違ってくるということはまず無い。この季節特有のものなのかな。それとも、今年が異常なのか。

常時、10冊ほどの本を平行して読んでいるので、なかなか読み切らない本が出てくる。村松友視の「黒いはなびら」を今朝読み終えた。村松の力量を云々するのでなく、全てを受け入れた上でのハナシ、水原弘という男を「無頼」という言葉で括ってしまうのも、何うだかなぁという思いがある。

突き詰めれば、酒に溺れて身を持ち崩し、酒で健康を害して死んだということになるんだよね。そう言いきってしまうと、当人の立つ瀬がないということになるのだが・・・。ともあれ、今の芸能界には彼のような、ステージでも日常生活でも、「無頼」を貫いた男はもういないというのは常識になっている。

ところで、水原の兄貴分だった勝新太郎も66歳で亡くなっているんだね。早い。もっとも、勝の兄貴の若山富三郎は享年62歳。当事者の水原弘は42歳であの世に旅立っている。どうして芸能人はみんな死に急ぐんだろう。合掌。







 


5月28日(日)

公共図書館も、その運営母体によってサービスの有り様に差があるのは仕方がないこと。先日、何かのレポートを読んでいたら、東京では杉並区の図書館が酷くて足立区が素晴らしいという評があった。この一文では、図書館を主体に比較していたのではないが、公共サービス全体が山の手で一見富裕層が暮らす地域と見られている杉並区がなっていないとのことだった。

自分の利用している図書館では、大津が一番かな。期限が来た図書で延長希望の場合、カウンターでその場で予約の有無を調べて、再延長というか、再借出しを許可してくれる。京都だとこうはいかない。兎も角、一度返却させられてしまう。司書が顔見知りだと、一応返却棚に戻してから、再借出しの手続きをしてくれるケースもあるが、大津と違ってあくまで返却が大前提となっている。

こういう処は貸出冊数も多いんだよね。大津だと15冊3週間となっている。京都は10冊2週間。延長して最大4週間は同じだけどね。ここで上述の、その場で再借出し可が効いてくる。昔、マルモ(スウェーデン)に居た時、図書館での借出し冊数が無制限だったのに驚いたことがあった。貸出期限がどうなっていたか、憶えていないのはちょっと残念。

ともあれ、公共図書館のサービスはネット時代に入って、飛躍的によくなっていったことは誰しもが認めるところ。予約さえいれておけば、他所の館にある図書も、近くの図書館で一緒に借出せるようになったは誠に便利なり。もっとも、流行作家にとっては市場での販売数が激減するとの不平もあるようだが、専門書の著者には必ず購入してくれる地方図書館の存在は、有難い存在であるはず。




 


5月21日(日)

京都、今日の気温は32℃~19℃だったとある。ひと昔前だと真夏の温度なんだが、今は夏には35℃を越えるのが当たり前になっているので、5月の最高気温が30℃を越えてもニュース沙汰にはならないんだろうね。今冬が長く寒かったにも関わらず、夏は別ものだよというのが、自然の回答のようだ。こちらは文句を言える立場にいないから、結果を甘んじて受け入れるだけのことなり。

京都の古本市は年に4回あるようだ。今月の初旬の今年2回目の古本市が都メッセで開れて、小生も出かけてきたのだが、その時購入した「サンデー毎日」(昭和26年)、読んでいると結構面白い。山本嘉次郎宅を志村喬や藤原鎌足などの俳優が訪れて、雑談をしているのだが、犬を切った話しなどがでている。

藤原が自分の飼い犬に噛みついた、同じ俳優仲間の大型犬を成敗したという。刀剣を持っていたというのだから、GHQの刀狩りの前で、戦前のことなのかな。しかし、今なら大騒ぎだよね。第一、刀剣を持ちだしたというだけで、新聞沙汰になる。それに動物愛護会も出てくるだろうし。週刊誌が戯言として、堂々と誌面にその放談を載せているのが、今ならビックリものだよね。

次の古本市は8月だったか下鴨神社の境内で催されるという。十年以上前になるのかな。一度、自転車で出掛けたことを微かに覚えている。また古雑誌など探しに出かけるかな。あの辺り、駐車場の問題があるから、どうしても自転車になるんだが、今度は地下鉄で行くかな。先日、地下鉄で、初めて植物園へ行ったのだった。それに、同行者もいるだろうから。

 


5月14日(日)

小学校の同窓会あり。40人ほどの出席者があったようだ。卒業生は約200人だったから、20%の出席率になるな。前回は二年半前に開かれており、今回より10人ほど多かった。話を聞くと今回が4回目だという。少しずつ出席率も落ちているようだ。同窓会とはそんなものなんだろう。開催の間合いも徐々に短くなっているという。

次がいつ開かれるのか知らないが、出席者はまた減っているのだろうね。何となく、寂しい気もしないでもなし。亡くなっていく人や、身体の具合が悪くなって出て来れない者も増えていくのだから、仕方ないことなのだろう。親の介護などといった理由で欠席したひともいるんだろうね。

小生は今回が二度目の出席で、心理的に大分余裕を持って出かけていったのだが、まさかカラオケで歌をうたうことになるとは思いもしなかった。マイクの音が出ないという初期ミスはあったものの、何とかこなすことが出来てひと安心。くじ引きでは、2000円の商品券が大当たり。未だ当人の確認が出来ない人物がいたりしたが、旧友との交歓もありまずまずの出来だった。

気づいたのは、こうした集まりを開くために、名簿リストの作成から、会場設定、案内状の発送などの裏方仕事をする人が何人もいるということ。その多くが、高校、大学を出てからも地元に残っていた連中が横の連絡を取り合って進めていたことを知り、頭の下がる思いなり。先ずは楽しい時を過ごす事ができ、満足できる一日であった。

本会から二次会に移る休息時間に、ホールの椅子に座って人の流れを見ていて、市内のかつての商店街の賑わいが、こういう場所に移っていったのだと気づかされた。今ではシャッター通りとなってしまっている旧市内も、子供の頃には、時にまともに前を向いて歩けない程の人出があったのだが、単に町が寂れたというより、人の集まる場所の移動があったということなんだね。市役所もなんとか旧商店街に人を呼び戻そうとしているようだが、どうも難しそう。

 


5月7日(日)

連休も今日が最終日。過ぎ去ってしまうと、あっという間だった。楽しい出来事は特にそうなるね。面白いものなり。この連休中に急に暖かくなった。四月中にと、慌てて播いた朝顔の種、昨日やっと芽を出した。ほっと、一息。もっとも、いつまでたっても、変化がないので、歴代受け継いできた種ではダメなのかなと思いだして、新たな種子を買ってきて播いているんだけどね。

こちらは土や肥料も新たに買い込んで、万全の構えでスタートしたのだが、その矢先に前に播いた方の種子が芽吹いてきた。間が悪いことである。今回はひまわりの種も買って来たことでもあり、朝顔の鉢は多くて4個。こうなると、間引きする新芽の数が増えることになる。ちょっと辛いが仕方なし。ともあれ、今年も朝顔が咲くのを待つのみ。楽しみナリ。

フランスの大統領選挙の決選投票日。マクロン前経済相とルペンの戦いだが、世論調査では前者が65%の支持を得て圧勝の予想が出ている。それが普通だと思うけどね。小生が向こうにいた80年代末には、親父のルペンが出てきた時代で、話題にはなったが泡沫候補だった。それがいつの間にやら、世代が変わって娘が決選投票にまで残るようになったとは。

フランスの経済が余程悪いということなのだろう。失業率も10%超でで高止まりしているしね。移民問題も、マグレブからの流入は昔から多かったが、これはある意味、植民地国家の宿命なんだよね。イギリスもそうだし、日本だって韓国、台湾、中国からの流入が止まらない。経済的理由だけでなく、文化や生活の質において、嘗ての宗主国に対する親近感や憧れってあるんだよね。