PC覚え書
 N0.65
               

    
平成 29年5月~ 月



5月21日(日)

京都、今日の気温は32℃~19℃だったとある。ひと昔前だと真夏の温度なんだが、今は夏には35℃を越えるのが当たり前になっているので、5月の最高気温が30℃を越えてもニュース沙汰にはならないんだろうね。今冬が長く寒かったにも関わらず、夏は別ものだよというのが、自然の回答のようだ。こちらは文句を言える立場にいないから、結果を甘んじて受け入れるだけのことなり。

京都の古本市は年に4回あるようだ。今月の初旬の今年2回目の古本市が都メッセで開れて、小生も出かけてきたのだが、その時購入した「サンデー毎日」(昭和26年)、読んでいると結構面白い。山本嘉次郎宅を志村喬や藤原鎌足などの俳優が訪れて、雑談をしているのだが、犬を切った話しなどがでている。

藤原が自分の飼い犬に噛みついた、同じ俳優仲間の大型犬を成敗したという。刀剣を持っていたというのだから、GHQの刀狩りの前で、戦前のことなのかな。しかし、今なら大騒ぎだよね。第一、刀剣を持ちだしたというだけで、新聞沙汰になる。それに動物愛護会も出てくるだろうし。週刊誌が戯言として、堂々と誌面にその放談を載せているのが、今ならビックリものだよね。

次の古本市は8月だったか下鴨神社の境内で催されるという。十年以上前になるのかな。一度、自転車で出掛けたことを微かに覚えている。また古雑誌など探しに出かけるかな。あの辺り、駐車場の問題があるから、どうしても自転車になるんだが、今度は地下鉄で行くかな。先日、地下鉄で、初めて植物園へ行ったのだった。それに、同行者もいるだろうから。

 


5月14日(日)

小学校の同窓会あり。40人ほどの出席者があったようだ。卒業生は約200人だったから、20%の出席率になるな。前回は二年半前に開かれており、今回より10人ほど多かった。話を聞くと今回が4回目だという。少しずつ出席率も落ちているようだ。同窓会とはそんなものなんだろう。開催の間合いも徐々に短くなっているという。

次がいつ開かれるのか知らないが、出席者はまた減っているのだろうね。何となく、寂しい気もしないでもなし。亡くなっていく人や、身体の具合が悪くなって出て来れない者も増えていくのだから、仕方ないことなのだろう。親の介護などといった理由で欠席したひともいるんだろうね。

小生は今回が二度目の出席で、心理的に大分余裕を持って出かけていったのだが、まさかカラオケで歌をうたうことになるとは思いもしなかった。マイクの音が出ないという初期ミスはあったものの、何とかこなすことが出来てひと安心。くじ引きでは、2000円の商品券が大当たり。未だ当人の確認が出来ない人物がいたりしたが、旧友との交歓もありまずまずの出来だった。

気づいたのは、こうした集まりを開くために、名簿リストの作成から、会場設定、案内状の発送などの裏方仕事をする人が何人もいるということ。その多くが、高校、大学を出てからも地元に残っていた連中が横の連絡を取り合って進めていたことを知り、頭の下がる思いなり。先ずは楽しい時を過ごす事ができ、満足できる一日であった。

本会から二次会に移る休息時間に、ホールの椅子に座って人の流れを見ていて、市内のかつての商店街の賑わいが、こういう場所に移っていったのだと気づかされた。今ではシャッター通りとなってしまっている旧市内も、子供の頃には、時にまともに前を向いて歩けない程の人出があったのだが、単に町が寂れたというより、人の集まる場所の移動があったということなんだね。市役所もなんとか旧商店街に人を呼び戻そうとしているようだが、どうも難しそう。

 


5月7日(日)

連休も今日が最終日。過ぎ去ってしまうと、あっという間だった。楽しい出来事は特にそうなるね。面白いものなり。この連休中に急に暖かくなった。四月中にと、慌てて播いた朝顔の種、昨日やっと芽を出した。ほっと、一息。もっとも、いつまでたっても、変化がないので、歴代受け継いできた種ではダメなのかなと思いだして、新たな種子を買ってきて播いているんだけどね。

こちらは土や肥料も新たに買い込んで、万全の構えでスタートしたのだが、その矢先に前に播いた方の種子が芽吹いてきた。間が悪いことである。今回はひまわりの種も買って来たことでもあり、朝顔の鉢は多くて4個。こうなると、間引きする新芽の数が増えることになる。ちょっと辛いが仕方なし。ともあれ、今年も朝顔が咲くのを待つのみ。楽しみナリ。

フランスの大統領選挙の決選投票日。マクロン前経済相とルペンの戦いだが、世論調査では前者が65%の支持を得て圧勝の予想が出ている。それが普通だと思うけどね。小生が向こうにいた80年代末には、親父のルペンが出てきた時代で、話題にはなったが泡沫候補だった。それがいつの間にやら、世代が変わって娘が決選投票にまで残るようになったとは。

フランスの経済が余程悪いということなのだろう。失業率も10%超でで高止まりしているしね。移民問題も、マグレブからの流入は昔から多かったが、これはある意味、植民地国家の宿命なんだよね。イギリスもそうだし、日本だって韓国、台湾、中国からの流入が止まらない。経済的理由だけでなく、文化や生活の質において、嘗ての宗主国に対する親近感や憧れってあるんだよね。